スポンサードリンク

2008年07月07日

運動は効率よく!

内臓脂肪を燃やすためには、有酸素運動が有効です。
少し前まで、脂肪燃焼させるには20分以上の継続した運動が必要とされていましたが、
最近の研究で、脂肪燃焼は運動開始後、2分くらいで燃焼が始まることが分かってきたそうです。

ですから一日の運動で、内臓脂肪を燃やすのに、
30分くらいの継続したウォーキングなどの運動でなくても

朝、10分、昼休みに10分、仕事が終わって10分、こんな感じの有酸素運動でも、
内臓脂肪は燃えていくそうです。

運動など日頃運動されたことがない方でも、10分ぐらいからのウォーキングなどの
有酸素運動からはじめられるので、気楽に取り掛かれるのでは!

運動を始められる前は、ストレッチを行ってください。
これは運動した時、ストレッチをすることにより、筋肉を目覚めさせ、
筋肉の稼動域を大きくするため、また怪我防止のために有効です。

慣れてきたら、トレーニング時間を伸ばし、継続した運動が出来るよう頑張りましょう。
筋肉には、持久力に優れる赤筋というものがあります。ムキムキの筋肉は白筋と呼ばれ、ボディビルダーの見せる筋肉、この筋肉は持久性がなくすぐ疲れてしまいます。
男性には多いですが、女性には白筋は少ないです。

女性はムキムキの筋肉の人は少ないですよね!
腕など筋肉がついたとよく言われる女性がいますが、ほとんどの方が、筋肉がついたのでなく、皮下脂肪が取れ、筋肉がついたように見えるわけです。筋肉よりはっきり見えムキムキになったように見えるわけです。

話はそれてしまいました、有酸素運動で内臓脂肪を燃やすためには赤筋を鍛えることが必要になってくるわけです。

今日はここまで、次に赤筋について記載しますね!




posted by かっちゃん at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。